社員インタビュー

Interview

社員が語る当社の魅力

末久 雄三

誠実で意欲がある人をとことん支援します。
管理本部 本部長
末久 雄三

男性か女性か、文系か理系、どの学部か、といった要素は、組込み開発の仕事においてはまったく関係がないと私は考えています。面接の際には、マイコンボードを見せたりもしますが、そういった世界に関心を持つか、この世界での仕事に意欲があるか、に尽きるでしょう。

入社後には、いろんな経験をしてもらいます。能力のある人はどんどん昇進もできるよう、同業他社には真似のできない、工夫を凝らした勉強会、スキルアップのための教育なども徹底しています。

やる気と誠実さを持ち、嘘をつかない人を求めています。入社後は、個性を伸ばせる環境を作って、社員一人ひとりが自分を磨いていけるよう応援します。

Voice -上司や先輩の声-
丹保 八大

文系でも業界未経験でも、やる気になれる会社です

丹保 八大

2020年4月入社

システム開発本部 びわ湖事業所

大学は経営学部で、システム開発とは無縁の世界にいました。IT業界には興味がありましたが、就職活動中にパソコン教室に通った程度の知識です。そんな未経験者でも入社でき、教育体制も充実していると知ったのが、この会社を志望したきっかけです。社員誰もが優しかった入社面接での印象は内定式でも変わらず、この会社に決めてよかったと思いました。

折しも新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、研修はリモートになりましたが、内容は楽しく、プログラミング言語の研修などは、入社前に勉強したことも役立ちました。その後は、客先に常駐して先輩方と一緒に業務に携わることになりました。門外漢の私は、入社後は相当厳しい環境に置かれるものと覚悟していましたが、分からないことは上司や先輩に聞けば、誰もが優しく教えてくれます。新入社員でいきなりこんな経験ができるとは思ってもおらず、先輩方の業務をサポートしながら勉強し、少しでも早く力になりたいと考えています。

入社前は、開発業務はもっと孤独な仕事という印象がありましたが、実際に業務に携わってみると、チームワークやコミュニケーションがいかに大切かに気づかされます。学生時代のスポーツでチームプレイには自信があるものの、初対面の人と話すのが苦手なところは改善していかねばと思っています。びわ湖事業所は当社初の関西の拠点であり、自分が頑張ることで、後輩たちも増え、会社の発展に寄与できればと願っています。

平田 碧

仕事で夢を叶えるため、常にスキルを磨いておきたい

平田 碧

2018年2月入社

システム開発本部 横浜支社

前職は市役所の臨時職員で、個人でプログラミングを勉強しながら、いつかモバイルアプリを作ってみたいと考えていました。そこで、自分のクリエイティビティと可能性を追求しようと一念発起し、神奈川で実施された「IT人材育成・スキルアップ支援プログラム」に応募・参加しました。Javaプログラミングなどの技術を習得できるだけでなく、IT技術者としての就職支援も受けられるこの場所で多くの企業と出会う中、好印象を抱いた今の会社で1カ月の実習体験をしたことが、最終的な入社の決め手となりました。

インターンシップ期間中は、手作業でマシン語に変換するハンドアセンブル実習でプログラム開発の基本を学び、入社後すぐに家電機器のリモコン開発の結合テストに携わりました。その後も、さまざまなプロジェクトのチームに加えていただき、少しずつ見識を広げ技術を高めてきました。一度、仕事が遅延し、上司や先輩から叱責されると思っていたところ、温かく励まされただけでなく、「負担が大きすぎて支障をきたしたならチームで分担するのが当然だ」と言われ、何が何でも自力で頑張らなければと思っていた私にとって、印象的かつ感動的な出来事でした。

現在、AIに関係した仕事に携わることができ、日々、新鮮な気持ちで臨んでいます。入社前に勉強したJavaの案件にはまだ出会えていませんが、自分自身で技術力維持・向上に努め、それが発揮できる日を楽しみにしています。

松浦 由季

二度の産休・育休を取得、子育てしながら安心して働けます

松浦 由季

2005年入社

システム開発本部 静岡支社

お客様である大手企業に派遣され、アプリケーション開発に携わっています。2016年に2人目の子供を出産し、産休・育休を経て現場に復帰しました。実は最初の出産のときも産休を活用したんです。保育園が見つからず子供が1歳半になるまで育休を延長してもらったりして、2年近くの休暇となりましたが、同じ派遣先の同じ仕事に復帰することができました。

初めて産休や育休を取得したときは、長期のブランクを経て復帰したら、どこでどんな仕事をするようになるのだろうかという不安もありましたが、皆さんに温かく迎えていただくことができました。派遣先の上司が2人のお子さんを持つ女性で、いろいろ相談ができたことも恵まれていたと思います。また、会社の人たちとも休暇中に連絡を取り合ったり、さまざまな気遣いをいただくなど、長く休んだことで萎縮するといった精神的な負担は一切感じませんでした。

同じ派遣先で育児と両立しながら働いている同僚の女性社員も、定時で帰ることができています。彼女は、出産後しばらくは時短勤務も活用し、16時くらいまで働き、両立できる範囲で少しずつ時間を延長しながら、現在はフルタイムに復帰しています。

もちろん、産休・育休の制度だけでなく、女性もやる気次第でどんどん昇級できる点も特徴です。私はまだ子供が小さいのでしばらくは子育てとの両立に追われますが、少し落ち着いたら課長職を目指してまた勉強したいと楽しみにしています。

ご用命はお気軽にお問い合わせ下さい

当社へのお問い合わせは、電話、またはお問い合わせフォームにてお寄せください。
045-472-8727(平日9:00〜17:30)